局番号  局 名  開設日  閉設日 所載号、日付  備考
混第1  澎湖島  28.3.27  28. 7.20 廃止 1364号28.8.27 28.3.26 占領地行政庁設置
  〃  基 隆  28.6.10

28.6.10 混成支隊郵便部業務開始
   1  基 隆  28.7.9
1352号28. 8. 3 28.7.2 台湾総督府郵便部上陸
   2  台 北  28.7.9
     〃
   3  新 竹  28.7.19
1358号28. 8.14 28.7.11 兵站司令部開設
   4  後 壠  28.8.18
1376号28. 9.18 28.8.15迄 兵站司令部開設
   5  大 甲  28.9.1
1375号28. 9.17 28.8.27迄 兵站司令部開設
   6  彰 化  28.9.1
     〃 28.9.3迄 兵站司令部支部開設
   7  北 斗  28.10.12
1400号28.10.25
   8  嘉 義  28.10.12
     〃
   9  打 狗
 茅港尾
 曾文渓
 28.10.24
 28.11.23
 28.12. 1
 28.11.23 13号に
 28.12. 1 移転

1409号28.11. 7
1426号28.12. 6
1427号28.12. 7

11号より局番号変更

  10   台 南  28.10.25
1409号28.11. 7
  11  茅港尾
 阿公店
 28.11. 6
 28.11.23
 28.11.23 9号に

1420号28.11.26
1426号28.12. 6

  12  鳳 山  28.11. 8
1420号28.11.26
  13  打 狗  28.11.23

1426号28.12. 6 9号より局番号変更
  14  恒 春  28.12. 1
1437号28.12.25
  15  宜 蘭  28.11.20
1426号28.12. 6
  16  澎湖島  28.11.25
1427号28.12. 7
  17  淡 水  29. 1. 5
1445号29. 1.16 .
  18  雲 林  29. 1. 5
     〃
  19  台 中  29. 3.21
1489号29.4.5
  20  蘇 澳  29. 3.21
     〃

4 台湾野戦郵便局

 明治28年3月15日比志島混成枝隊は澎湖列島占領の為、佐世保を出港した。24日媽公城を占領26日行政庁を設置、占領地行政を開始した。同じころ澎湖島野戦郵便局が設置されたと思われる。「日清戦争実記」第25編に「混成枝隊第一野戦郵便局は27日を以って澎湖鎭署内元巡捕房跡に設置し、且つ4月1日よりは、為替取扱をも開始せり」とある。
この澎湖島野戦郵便局は同年7月20日に廃止される。
 また5月8日台湾割譲を含む「日清講和条約」の成立を経て、10日初代台湾総督に樺山資紀が任命され、6月2日基隆沖三貂角の横浜丸船上にて清国側から引渡しを受ける。しかし台湾島では日本の支配に反対し台湾民主国を建国、唐景崧を大統領に抵抗運動が起こる。この抵抗を排し基隆、台北、淡水を占領、17日に台北にて始政式が行われた。しかし台湾全島を鎮圧し統治下に置いたのは29年3月末である。この間逓信公報1489号「29年3月21日台湾島蘇澳郵便日付印二十号」の如く20局の野戦郵便局が開設され局によっては為替、貯金をも取扱を開始している。また29年1月1日からは一般郵便物の取扱も開始、29年4月1日には野戦郵便の取扱を廃止、郵便電信事務を民政局に移管している。しかし野戦郵便局の郵便印は7月末まで使用されている。逓信省年報第10冊に「本年度に於いては台湾各島に内地一般の郵便制度を施行することと為りたるも7月以前に在りては猶ほ未だ野戦郵便の組織を脱する能はす8月に至りて全く普通郵便の組織に変更せり」とある。
 また以前第24局の発表もあり、台湾総督府文書目録第一巻に「明治29年6月25日、台北局外29局、小包郵便及び為替貯金取扱告示方照会」と28郵便電信局と1支局が挙げられている。今後これらの局の実例が発表されるのが楽しみである。

逓信公報による「台湾野戦郵便局」設置の告知 所載号

台湾総督府民政事務成蹟提要には8局台南・13局打狗は10月24日、14局恒春11月25日、18局淡水・17局雲林1月1日、と差異がある。尚20局蘇澳は郵便事務のみ、他は併せて為替貯金事務を取り扱う。 
台湾総督府文書目録第一巻に「基隆・台北・中壢に野戦郵便局設置」明治28年7月9日の記述がある。また同様に「新竹野戦郵便局開始」28年7月16日(別文書8月19日)、「後壠に野戦郵便局開始」28年8月19日、「大甲・彰化野戦郵便局開始」28年9月3日の文書が記録されている。

逓信公報には野戦郵便局第一号基隆から第二十号蘇澳まで20局の設置の告知があります。しかし第六号彰化までは設置日の記載がありません。「台湾総督府民政事務成蹟提要」第6章逓信事務、郵便局設置の順序を採用しました。

北海道 福井卓冶氏所蔵 「逓信志 通信編」より
   明治30年初頭までの台湾逓信年表を抜粋